物件選びでできる防犯

物件選びでできる防犯

一人暮らしをする場合、多くの方が賃貸アパートを借りたり、マンションを購入したりするのではないかと思われます。まずは物件選びから防犯対策をすることをおすすめします。では、どのような物件が防犯対策になるのでしょうか。

まずは何といっても、その物件自体のセキュリティがしっかりしているかどうかです。カメラ付のインターホンやオートロックを設置している物件は、女性の一人暮らしでに必須であるといえます。できれば、管理人さんや大家さんが常駐しているようなところであると安心ですね。周囲に交番があったり、夜であっても人通りが多かったりするようなところも良いでしょう。通学通勤に電車を利用するのであれば、できるだけ駅が近い場所であることも重要です。自宅から駅までの道のりが長ければ長いほど、狙われやすく、目をつけられやすいのです。

物件選びで、2階以上を選べば安心かというと、そういうわけでもありません。2階は1階を足場にして侵入しやすく、また2階だからといって窓の施錠の油断が出やすいために、1階よりもかえって狙われやすいこともあるのです。3階以上が必ずしも安全とは言い切れませんが、3階以上になると2階や1階の人の目線を気にする必要が出てくるために、狙われにくくなるのです。そのため、できるだけ3階以上の物件を選ぶようにすると良いでしょう。

生活の中でできる防犯

物件のセキュリティが万全だからといって、油断することはできません。犯罪者は、そんなセキュリティにも対応できるようなスキルを身につけているということも少なくありません。そのため、少しでも犯罪に巻き込まれないようにするために、生活の中で気を付けるべき防犯対策をご紹介します。

洗濯物というのは、その家庭の家族事情が簡単にバレてしまうものです。女性物の服や下着が干してあると、女性が暮らしているということが簡単にわかってしまいますし、洗濯物の量から一人暮らしなのか夫婦なのかということなどもわかります。そのため、特に一人暮らしの方はベランダなどの外から見える場所に洗濯物を干さないようにしましょう。室内の見えないような場所に干したりすると良いでしょう。バスルームが乾燥室であるような物件ですと便利ですね。外から見えるものも注意が必要です。たとえばカーテンなどは外から見えるものですので、これが女性らしいようなデザインであれば女性が暮らしているとわかってしまいます。可愛らしい部屋にしたいという方もいると思いますが、外からわかるような物は女性らしいものを避けたほうがいいでしょう。

このように、できるだけ生活の中で、生活習慣や家族構成などを知られるようなことを控えるようにすることが重要です。

防犯必須の一人暮らし

防犯必須の一人暮らし

学生生活や就職、転勤などで一人暮らしを開始し始めるときというのは、なんだかワクワクするという方も多いのではないでしょうか。親元から離れて自由な一人暮らしをできるということで、楽しみにしていることや、やりたいと思っていることもたくさんあるでしょう。しかし、その前に考えていただきたいのが、防犯対策です。一人暮らしというのは、実は危険がいっぱいです。そのため、防犯対策をしっかりとしておかなければ、犯罪に巻き込まれたり怖い思いをしたりすることになりかねません。では、具体的にどのような危険が考えられるのでしょうか。

女性の一人暮らしというのは、最も犯罪者に狙われやすくなります。ストーカーや変質者などは、親と暮らしているような女性より、一人暮らしをしている女性を狙いやすいものです。今は男性であってもストーカー被害に遭うことが多いため、性別に限らずに注意が必要だということもあります。また、空き巣などの被害に遭いやすいのも一人暮らしならではです。一人暮らしの場合、生活パターンが掴まれやすく、いつ自宅にいないのかということが簡単にわかってしまうことが多いです。そのため、空き巣などに狙われやすくなってしまうのです。

このように、なにかと被害に遭いやすい一人暮らしですが、ちょっと気を付けるだけで犯罪被害の確率をグッと減らすことができます。ここでは、そんな一人暮らしの方にしていただきたい防犯対策についてご紹介していきます。